驟雨 突然の雨に打たれても

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の民主主義は死んでしまうのでしょうか

<<   作成日時 : 2015/09/17 17:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

参議院安保法制特別委員会でたった今、強行採決が行われたようです。敢えて行われたようと表現したのは、一体何が行われたのか、さっぱりわからなかったからです。

折からの雨。それは天が泣いているかのようです。今更繰り返すまでもない滅茶苦茶な論理、揺らいだ立法事実はもちろんのこと、明白な憲法違反の法案を論議を尽くすことなく審議を打ち切る手法は、およそ民主主義国家とは呼べないものと言わざるを得ません。

世界的にもこのような議会のあり方は、前近代的、非民主的なものと映ることでしょう。今、NHKで流された映像、反対の声を叫び続ける集会に集まる人の多さと、閑散とした賛成する人たちの集会を見比べても理は、私たちにあります。

このままでは日本の民主主義は死んでしまいます。自民党や公明党の議員は、国民の一人として一片の良心も持ち合わせていないと思わざるを得ません。もはや安倍政権独裁は、明々白々となりました。本会議の議決が残っているものの、これから日本はどこに向かって行くのでしょうか。やり場のない怒りに胸が張り裂けそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

日本の民主主義は死んでしまうのでしょうか 驟雨 突然の雨に打たれても/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる