当たり前の日常

新型コロナウィルスの感染が拡大しています。
私たちの当たり前の日常が何と脆いものだったのかと思わざるを得ません。
そして、当たり前と思っていた日常が何と貴重なものだったことでしょう。

終わりが見えない恐ろしさ、いつどこで自分が、家族が、友人たちが
見えない敵に冒されてしまうのかという恐ろしさに怯みそうになります。
あらためて生きているということは、一瞬一瞬が奇跡的なことと思います。

門出季節であるはずなのに、沈鬱な気分に包まれる今年の春。
当たり前のの日常が戻ってくるのは、いつになるのでしょうか。

この記事へのコメント