緊急事態宣言と入学式

令和2年4月7日。僕の住む街で子どもたちの入学式が行われた日。 小学校1年生になったばかりの子どもたちは、数年後、あるいは数十年後、 この日をどう思い起こすのでしょうか。 満開の桜の下で、周囲の大人たちに心から祝福されながら行われるはずだった入学式。 でも、大人たちは誰しも胸の奥に重いものを抱えているはずです。 両親が…
コメント:0

続きを読むread more

当たり前の日常

新型コロナウィルスの感染が拡大しています。 私たちの当たり前の日常が何と脆いものだったのかと思わざるを得ません。 そして、当たり前と思っていた日常が何と貴重なものだったことでしょう。 終わりが見えない恐ろしさ、いつどこで自分が、家族が、友人たちが 見えない敵に冒されてしまうのかという恐ろしさに怯みそうになります。 あらため…
コメント:0

続きを読むread more