テーマ:ワールドカップ

日本代表の挑戦はこれからも続く・・・ロシアW杯決勝トーナメント

ベスト8を賭けた日本代表の戦いが終わりました。しかし、残酷なまでの終了を告げるホイッスルは、これからも果てしなく続くであろう挑戦のキックオフのホイッスルでもあります。 開催国としてグループリーグ突破という最低限のミッションを果たして、何気なく臨んだ2002年。雨に煙る仙台でウミト・ダヴァラのヘッド一発に沈みました。直前にディフェン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの敗退に思う・・・そして、日本代表

見てはならないものを見てしまった・・・・。これからキックオフされる日本代表の試合が控えているのに・・・・。頭の中には崩れ落ちるドイツの選手たちの残像が残っています。 兎にも角にも驚くべきことが起り続けています。その極めつけが本日未明のグループFの最終節でした。7割を超えるポゼッションで攻め続けたドイツが追加時間に韓国に屈し、初戦、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本代表 望外の勝点3・・・・ロシアW杯コロンビア戦

苦しんできた日本代表が香川選手のPKとコーナーキックからの大迫選手のヘッドで、W杯初戦のコロンビアを破りました。日本代表が数的優位のアドバンテージを得た場面を考えると、ハーフウェイラインやや後方からの香川選手の右足アウトサイドで出されたルーズな浮き球のパスに対する大迫選手の対応がすべてでした。相手選手と競り合いながら足元にボールを残し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本代表に思う・・・期待はフル代表よりもU21代表

希望、期待、歓喜、不安、失望そして絶望。人間のさまざまな感情を揺さぶるワールドカップですが、今回ばかりは胸が躍る思いで送り出せない日本代表ではないでしょうか。前回大会でのメンバーがそのまま持ち上がったかのような平均年齢28歳超、およそ新鮮さや躍動感を感じられないメンバー構成、それは次の大会にも影響を及ぼすのは確実で、次回大会のベースを築…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魅力を失った日本代表・・・本番前3ヶ月欧州遠征

閑散としたスタンド。時折、中継するテレビのマイクを通して聞こえてくるベンチからの指示の声。そして、およそ高揚感を感じられない退屈なゲーム。 それが、3ヶ月後に開幕するワールドカップに向けた日本代表のテストマッチでした。 そもそも、ヨーロッパに遠征して試合をしているのに午後9時過ぎにテレビ観戦ができるということの違和感があります。本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U19日本代表 空白の10年を埋め世界へ

U16日本代表に続いて、U19日本代表も遂に重い扉を開けて、ようやく長い停滞期を脱しました。5大会連続してトーナメント初戦に敗れ続けてきたユース世代が、中東3ヶ国に囲まれた厳しいグループリーグを突破して臨んだ準々決勝。タジキスタンから4点を奪い、世界への切符を手に入れました。 どうしても攻撃陣にばかり目がいきがちですが、この結果を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝つには勝ったけれども・・・ロシアW杯アジア最終予選第3戦

終了を告げるホイッスルの瞬間の選手達の歓喜、そしてベンチの監督の喜び方。それは、もはやアジア王者の姿ではありませんせでした。 首の皮一枚が辛うじて繋がった監督。このチームになってからの進化は、この監督の就任以降感じられないだけではなく、そもそもチームとしての戦術はないと言ってもいいのでしょうか。テレビではチームの総合力という表現を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

U16日本代表 2大会ぶりに世界へ

韓国とオーストラリアが予選で敗退するという、荒れた大会の様相を呈しているU16アジア最終予選ですが、グループリーグ3勝無敗。得点21、失点0と圧倒的な強さを見せつけて、トーナメントに勝ち上がった若き日本代表。 しかし、ここからは一発勝負で、グループリーグの成績などあてにはならず、波乱の大会の渦に巻き込まれても何ら不思議はありません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若き日本代表の戦いが始まる・・U17W杯アジア最終予選開幕

今年の秋は、日本サッカー界にとっては重要です。前回大会で世界への道を閉ざされたU17、そして4大会連続して本大会への出場権を逃しているU20世代のアジア最終予選があるからです。世界での経験値を上げることの重要性は、何よりもU23世代がリオデジャネイロオリンピックでその不足を露呈したことでも明らかです。 さて、来年開催されるU17W…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あらためて日本代表のブラジルW杯を振り返る

各年代の日本代表のアジアでの戦いの9月が終わりました。宿敵韓国の厚い壁に阻まれ、それぞれの世代の代表が次のステージに進むことができませんでした。 来年行われる「FIFA U-17 World Cup 2015 Chile」大会への出場をかけたAFC U-16選手権準々決勝は、若き日本代表がキックオフ直後からボールを支配し、韓国を圧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年の涙にサッカーの偉大さを思う・・・2014ブラジルW杯を終えて

歓喜・・、悲嘆・・、期待・・、失望・・、勇気・・、不安・・、驚愕・・、憤怒・・、空虚・・、人間のありとあらゆる感情に触れた充実した1ヶ月が過ぎました。王者スペインがオランダの執念とも思える5バックのカウンターに屈する様子に驚愕する形で始まった大会は、円熟期を迎え相手によって自由自在に対応できるドイツの戴冠で幕を閉じました。 本当に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早朝の衝撃・・・ブラジル よもやの7失点で敗退

開幕戦の微妙なPK判定で始まった2014ワールドカップブラジル大会。王者スペインがオランダのカウンター5発に沈み、逆転の連続で記録的なゴールラッシュに沸いたグループリーグ。トーナメントに入ってから一転しての最少得点での延長戦の連続、大会の主役であったはずのネイマール選手のゲーム中の骨折。そして、セミファイナルを迎えると、開催国ブラジルの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルジェリアやギリシャの姿勢を見て、日本代表を思う

決勝トーナメントに突入したワールドカップブラジル大会は、90分では決着がつかず、延長に持ち込まれる激しいゲームが続いています。今日も優勝候補ドイツに立ち向かったアルジェリアが延長に入ってから先制され、その上終了間際に追加点を奪われましたが、アディショナルタイムに1点をもぎ取って最後まで諦めない強い心には、本当に感心させられました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本代表 冒険と呼ぶには悲しい宴の終わり・・・2014W杯ブラジル 

史上最強と評されていたはずの日本代表のワールドカップが終わりました。それを冒険と呼ぶにはあまりにも見る者の胸を打つことが少なく、むしろ宴の終わりとでも称すべきものでした。選手やスタッフが自分たちのサッカーと言い続けてきましたが、サッカーというスポーツは常に相手がある競技であることを忘れてしまった感は否めません。 この4年の間に自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

憤りと虚しさを感じる・・・日本代表 ギリシャの壁を崩せず

ゲーム終了後、2時間が経過しました。初戦を落とした日本代表は、グループリーグ2戦目にしてトーナメントのような状況に追い込まれていたのですが、前半のうちにギリシャに退場者が出て、ほぼ60分間数的優位であったにもかかわらず、ゴールネットを揺することができず、痛恨の引き分けに終わりました。 数的優位になった状況で相手がより一層ディフェン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜敗という名の完敗・・日本代表、初戦を落とす

それは思わず2006年ドイツW杯初戦を思い出すかのような連続失点でした。スコアは僅少差でしたが、前半に先制した後の数分間を除いては、コートジボアールに何もさせてもらえず、相手の術中に嵌った完敗でした。逆転した後、相手がゲームを壊すかのように安全に勝ち切ろうとしなかったのであれば、さらに失点を重ねていたことでしょう。 FIFAの公式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

さあ、開幕2014ブラジルW杯~日本代表を見る二つの視点

いよいよ開幕しました。優勝候補筆頭のブラジルは、オウンゴールで先制を許しましたが、怒涛の3ゴールで良いスタートを切りました。驚いたのは、オスカルのとどめのゴールです。ネイマールばかりが注目されていますが、ドリブルからトゥーであのコースに打ったシュートは、どんなキーパーでも止めることができないでしょう。いやはや、底知れぬ恐ろしさを感じてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「イビチャ・オシム 日本サッカーに告ぐ2014」を読む・・・さあブラジルへ

23人のメンバーが発表されました。ヨーロッパで戦っていた選手たちが続々戻ってきて、Jリーグも今日明日のゲームでしばしの中断となり、いよいよワールドカップの季節です。 僕は2010年南アフリカに続いて、今回も残念ながら国内で観戦です。ヨーロッパで観た98年、06年の記憶を思い出すと、本当はいても立ってもいられないのですが、さまざまな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう一つのワールドカップ・・知的障がい者サッカー

もう一つのワールドカップがあることを知りませんでした。 知的障がい者のワールドカップと呼ばれるこの大会は、1994年に第1回がオランダで開催されて以後、FIFAワールドカップ開催年に同じ開催国で行われるそうです。それは、あたかもオリンピックとパラリンピックの関係のようでもあります。 今回も8月21日から南アフリカで開催され、16…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自己犠牲・・遠藤保仁・中田英寿両選手の発言から

4年に1度の祭典が終わりました。国内でもJリーグが再開されて、この酷い暑さの中で試合が行われています。猛暑と気まぐれな集中豪雨で、ピッチの芝の状態が荒れている上に、この暑さの中では、選手一人ひとりの走る距離も落ちて、ゲームそのもののクオリティも下がらざるを得ません。 さて、ワールドカップに関する詳細な統計情報が発表されています。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スペイン戴冠・・・イエローづくめの決勝

スペイン 0・0・0・1・2・0、そして5。 オランダ 2・1・3・2・4・3、そして9。 10南アフリカワールドカップは、結局大本命スペインに栄冠は輝きました。 08ユーロを制したスペインは、圧倒的なポゼッションで他を寄せ付けませんでした。 そのサッカーは、あまりにも魅力的で美しく、そのスタイルに対抗するには自らのスタイル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

感謝と疑問・・・日本代表の南アフリカW杯終戦

4年に1度の日本代表の6月が終わりました。遠くアフリカの地でグループリーグを突破して、トーナメントに駒を進めた選手、チーム関係者には対して労いの言葉をかけたいと思っています。 しかし・・・何だか複雑な思いが去来しているのも事実です。 過去の大会を振り返えりながら、今大会の日本代表を考えています。 98年フランス大会は、「希…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中沢のフェアなディフェンス・・対パラグアイ 延長突入

取り急ぎ、90分間の思いついたことを綴ってみることにしました。 今大会を通じて、日本のCBは、本当に安定したプレーをしています。 特に中沢選手は、ファールを取られないフェアな競り合いで、相手ボールのカットに努めています。 このポジションで4試合を戦って、只の一枚のカードをもらっていないと言うことは驚くべきことです。 特に、守…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今大会ベストゴールで幸福な時が更に続く・・日本代表 決勝トーナメントへ

日本代表が決勝トーナメントに進出を決めました。1970年代から代表の試合を見続けているコアなファンを自認する僕にとって、自国開催の2002年を別にして、まるで夢を見ているようなものです。 デンマーク戦は、日本テレビ系列での中継で、ブブゼラの音ばかりでなくアナウンサーの耳障りな実況も避けて音声を消して観戦していました。 試合の様子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

惜敗という自己満足・・オランダ戦を終えて

「惜敗」の2文字が躍っています。 直前のテストマッチの酷さから思えば、日本代表は2試合を終えて健闘しているといってもいいでしょう。得点1、失点1、そして望外の勝点3を獲得して、グループEの2位につけているわけですから、前評判から考えると確かに予選リーグ最終戦を迎えた段階でのベストポジションかもしれません。 優勝候補の一角であるオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オシムの戦術・・通訳千田善さん著

ワールドカップ序盤、予選リーグが二回り目に入ってきました。ここまでのところ、混戦模様が如実に現れています。 ガチガチの本命スペインがスイスに敗れるという波乱の他にも、ドイツがセルビアに屈し、イングランドも2試合連続の引き分け、さらにフランスにいたっては最早落日の感が強く、どのグループもシード国が喘いでいます。 さて、オシム前日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カメルーン戦の衝撃・・悲しい勝利

昨日のポルトガル対コートジボアールのゲームは、スリリングな展開で一瞬たりとも目を離せないクオリティの高いゲームでした。これぞまさにW杯にふさわしい内容で、結果は双方無得点の引き分けでしたが、どちらかが先制したならば、更にヒートアップするような予感がする素晴らしいものでした。 翻って、僕たち日本代表は、4回目の出場にして初めて勝点3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

覚悟はできました・・日本代表 本日カメルーン戦

今から12年前の今日、南フランス、トゥールーズにいました。 アルゼンチンを向こうに回して、史上初めてW杯の舞台に立つ日本代表をワクワクしながら、自分がピッチ上に立っているわけでもないのに、何故かドキドキしていました。 勝つことは難しいとわかっていても、もしかして・・・と期待してしまう悲しい性だったかも知れません。 しかし、あの日の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南アフリカW杯開幕を前に・・・金子達仁さん フランス98W杯目前のコラム

『ディフェンシブな戦いとは、本来力の劣るチームが格上のチームを倒すために用いる「守って、カウンター」という戦法のはずである。ところが、方針の変更が遅すぎたがゆえに、日本にできたのは「守って」という部分だけで、その後に続く「カウンター」の部分は、まったく手つかずのまま放置されてしまった。 (中略) いま、私は日本代表の守りについて表現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲しい現実・・・日韓戦またもや完敗の夜

悲しいとしかいいようのない現実を突きつけられました。 攻撃の糸口さえも見つけられずに、接点で倒れるのは日本代表ばかりでした。 ACLもJリーグは全滅で、韓国チームだけがベスト8に残っている現実から考えると当然の結果でした。 その上に、パクチソンを筆頭とする韓国ヨーロッパ組のクオリティの高さは、日本のそれを上回っていることを思い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more